FC2ブログ

XRP100円付近

うーん。あと一万リップル欲しかったんだけどなあ。
今の相場で1万リップル増やすには100万JPY必要。さすがに厳しい( ;∀;)

しばらくは様子見。
とにかくJPYマイニングと節約はして、下がればいつでもブッ込める態勢を作っておく。
利確は当分しない。目標とするレートに届かない場合は少なくとも3年間はみておく。

ここ最近節約しすぎた感はある。缶ジュースすらケチっとるしな。
GWあたりはパーッと使っちゃうのもありかなあ。ビジネスホテルにひきこもってダラダラしたーい。

ほぼ毎日休みなく仕事をしている訳だが、ようやく毎月10万JPYくらいは余剰金に回せるようになってきた。
少し休憩も必要やね。
スポンサーサイト



XRP90円付近

うむ、上がってきたな。
急に上げた時は買うのはやめておくことにした。
急に下げた時は買い増すけどね。

まあ、とは言っても今月はもうブッ込めるだけの余力はもうない。
50円代で大分仕込めたのは良い判断だった。

しばらくは様子見かなー。
3年後どうなってるかなー。

とりあえず引き続きJPYマイニングと納豆ご飯の日々を送り、追撃のチャンスを待つかな?
Screenshot_20180420-100617.png

現在70円付近

良い感じで上げてきたな。
今月は今のところ12万JPYをぶっこんだわけだが、爆上げ前の50円台で買い増しできてまあ良かったというところか。
ヤフーが仮想通貨事業に参加するニュースもあったし、この流れはもう止まらん。どんどん来るで。

リップル社の理想を実現するには少なくともあと3年はかかるとCEOが言ってたからまだまだ当分は塩漬けだな。
100円を超えてきたら当分は買い増しはせずにただその時が来るのを待つ。
100円を超えるまでは日々極限まで節約し、命を燃やしてJPYマイニングをし、XRPの買い増しを続ける。

100円を明確に超えたらJPYも少し貯めていかないとなw
さすがにJPY貯金ゼロはまずい。

命を燃やし1207XRPゲット

当分は納豆ご飯です。
これで40,661XRPになりました。
来月も命を燃やして投資していきます。

ふと思ったことを

先日、クレカ支払いにとって代わる可能性について考えてみた訳だが、
規模が小さい店なら積極的に仮想通貨に対応した方がいいと思った。

個人経営レベルで売上に余裕があるのではあれば、早い段階で仮想通貨払いにも対応した方がいい。
それもその時のレートの数パーセント下の価格での受付けだ。

仮想通貨市場はほぼ確実に今まで以上に膨れ上がっていくと思っている。
価格上昇はまだまだ見込める。今の市場規模は大したレベルではない。これから世界中が市場に参加してくる。
価格が低い段階でかき集められるだけかき集めておいた方がいい。
目先の多少の価格変動に目を奪われてはならない。後から見た時に数円、数十円程度の値動きなど屁でもなかったと思えるようになっているはずだ。

数年前、某ネットショップがいち早くモナコイン払いを受け付けていたので、これは面白いと思って試しに500モナ(当時1モナ3円くらいだから1500円くらいの価値かな?)ほどでしょっぼい同人誌を買ったことがあるのだが、500モナはマックス100万円くらいの価値になったわけで。今でも20万円くらいの価値だ。僕としてはモナコインはネタコインとしての使い道しか思いつかず、100円くらいでウロウロが限界かと思っていたので、今となっては本当に後悔しかないわけだ。そのネットショップはぼろ儲けしたかな。ちくしょうめ。

レートの数パーセント下での受付についてだが、理由としては
①顧客は仮想通貨払いをすることで現金支払いよりも安く利用できる。クレカだとポイント反映されるのは1か月先とかなので、リアルタイムでの還元は未来的か?
②一見、店側にとってはデメリットがあるように見えるかもしれないが、現時点では仮想通貨受付の店が少ないため、話題性向上、集客力アップに繋がるのではないだろうか。また、積極的に仮想通貨受付に乗り出すことにより、より通貨の流動性が増し、信用・価格の上昇に繋がり、後々自分に返ってくる可能性があるのではないだろうか。先のモナコインの例で考えると分かりやすいかもしれない。

ただし、仮想通貨の価値がなくなり大損をする可能性はゼロではないと思っている。
僕の肌感覚ではゼロになる可能性と爆上げする可能性を天秤にかけた場合、90パーセント以上、今まで以上に盛り上がる方向に進むと思う。

多少のリスクをとってでも今は仮想通貨をかき集めておいた方がいいと思うので、売上に余裕がある個人経営店さんは積極的に早期参加するべきかな。

ただし今後は実需により淘汰が起こると思うので、取り扱う通貨は考えるべし

以上、思ったことをダラダラ書いてみた。

3万JPYつっこんで572XRPゲットなり

3万JPYつっこんで572XRPゲットなり。
そろそろ4万XRPが見えてきた。今月中には達成するな。

まだまだいくで。今はボーナス相場や。

久しぶりのブログ

さてさて、JPYに余裕がないので指をくわえて見ているしかない状況。
しかし今月はあと10万JPYほどぶっこめる見込みがたちました。
XRPの価格は停滞気味ですが、僕がぶっこむまではこのままでいて欲しい。
今の価格が続いてくれれば10万JPYで2,000XRP近く増やせるか。

日々のJPYマイニングに加え、臨時収入で限界までいくぜ

英語の勉強も兼ねてBrad Garlinghouse CEOのインタビューを見てみる

2018年3月12日公開のインタビュー動画
https://www.youtube.com/watch?v=u3LT9xSwbp0

20年前はグーグルは存在せず、アマゾンはただの本屋だった。インターネット黎明期はオタクのたまり場という認識だったが、今はどうなっているだろうか。20年前に2018年がどうなっているかはほとんど誰も想像できなかったはずだ。
インターネットがそうであったようにブロックチェーン技術が今後当たり前の世の中になっていくのだろう。
数年後、数十年後は仮想通貨が当たり前の世の中。
仮想通貨が解決するのは、国際間での送金システム。確実にここは既存システムにとって代わる。
仮想通貨での支払いを受け付ける多くのサービスが誕生し、流通が活発になることは間違いないと思う。
ただし、一般人が普段のメインの支払いに仮想通貨を使うかについては若干懐疑的。
現時点でいうと、クレジットカードでの支払いで事足りてしまう。利用者は手数料を支払う必要はないが、
クレジットカードを受け付ける店側は売上の数パーセントの手数料を支払わなければならない。
今後ここが変わっていく可能性は大いにありかな。クレカの手数料がバカバカしいと判断する企業が仮想通貨の支払いを受け付けるようになるかもしれない。クレカの手数料分を仮想通貨での支払い者に還元することで、

①無駄な手数料を支払わなくて済む
②顧客に還元することで、集客力UP→売上アップ 
など、メリットが多いのではないだろうか。クレカのポイントも利用者にとってはありがたいが、現行のポイント還元分を超えるリターンが支払い者にあるのであればクレカ払いではなく、仮想通貨払いを積極的に行うようになるかもしれない。僕なら還元率の高い支払い方法を選びたい。僕は現金での支払いは出来る限りしていない。クレカで支払えばポイント還元があるからだ。現金払いによるメリットは全くない。

クレカの還元率は0.5~1%、場合によっては3%ぐらいだが、例えば仮想通貨での支払いを受け付けることによって、
5%顧客に還元できるようになったとしたらどうだろうか。調べてみると店側が元締めに支払うクレカの手数料は1~10%くらいらしい。無駄な手数料を払うより、顧客に還元した方が店側のメリットも遥かにでかい。
まあ、まだまだそうなるには時間がかかるかな。柔軟な考えを持った企業はいち早く取り入れていくかもしれない。

1つネックに感じることはやはり為替の問題か。今は値動きが激しいが、ある程度普及した数年後、数十年後はドル円のようにある程度は落ち着いた値動きになっているのか、それとも現在のように乱高下があるのか。その点を懸念する企業もあるだろう。

僕みたいな人間が想像もつかない解決策が出てくるかもしれない。
数年後、数十年後を楽しみに今はぶっこんでいくけどね。


2万JPYで396XRPゲットなり

さて、XRPが50円割っていたので、今月の収入から前倒しで2万JPY分だけ購入。
これで、237万JPYの投資に対して38,881XRPになった。

限りなく節約をし、余剰金は全てXRPにぶっこむ。
失敗したら失敗したで潔く諦める。日本円などまた頑張って稼げばよいのだ。
50円はボーナス相場。今月もぶっこんでいくぜ。今月は最低でもあと5万JPYは突っ込める余力。
プロフィール

ぎたちゃん

Author:ぎたちゃん
2014年から仮想通貨に注目し、マウントゴックスに1.32BTCやられています( ;∀;)ハヤクカエシテ マイニングや売買をしていたのですが、仕事の関係で仮想通貨からは一時撤退し、億り人になり損ね、非常に悔しい思いをしました。2017年夏から再度仮想通貨投資をしており、XRPを中心に長期投資していきます。投資金額140万円での再スタートで、毎月少しずつ追加投資しています。
これから仮想通貨取引を始めてみたい方は下の「コインチェック」をポチリ。コインチェックのサイトが開きます。アフィ収入があるので、一応リンクだけ。僕のお小遣い稼ぎにご協力いただけると嬉しいですw
コインチェック

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
仮想通貨投資仲間人数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR